本文へ移動

法人理念・行動規範

法人理念・行動規範

Ⅰ.理念

入居者、利用者が市民としての権利を制限されることなく、地域の中で「普段どおり」の生活を営んでいただくことを目指します。

Ⅱ.行動規範

職員はその実現のため、以下の運営理念を施設の行動規範とします。
1.自由の尊重
できる限り個人の要求、意見、意志を受け止め日常生活に反映します。
2.自治権の確立
主体であり、当事者である入居者、利用者に暮らし方等の計画の決定過程に参加していただきます。
3.自己決定の権利
「自分の生き方、行動は自分で決める。」入居者、利用者の意志の確認は常に心がけます。
4.福祉コミュニテイの協創
 高齢者や児童及び障がいの人や在宅の人、施設の人も、さまざまな立場の人が人として共に支えあうことができる状況を創りあげることが新しい福祉の基本と考えます。
 入居者が地域の一員として実感がもて、また地域に住む方々も入居者や高齢者の方と一緒に生活しているという実感が持てるようなまちづくりをめざします。
5.創造性、信頼性の実現
現状に満足することなく、常によりよい生活をめざします。また、いつも仕事の仕方を見直し、よりよいケアをめざします。
TOPへ戻る